スマートウォッチ

スマートウォッチ AllCall Awatch GT 実機レビュー

スマートウォッチ AllCall Awatch GT 実機レビュー
今回は「AllCall」から新しく発売されたスマートウォッチ「Awatch GT」の実機レビューをしてきます。

2020年おすすめのSIMカードが使えるスマートウォッチ は下の記事でまとめています↓↓

【2020年最新】SIMカードが使えるおすすめのスマートウォッチ10選アップルウオッチなどはスマートフォンと連携することにより電話が可能になったりしますが、最近ではスマートウォッチ本体に「nano SIM」...

スマートウォッチ AllCall Awatch GT スペック

OS Android 7.1
ディスプレイ サイズ:1.6インチ
タイプ:IPS TFT
解決: 400*400 ピクセル数
端末サイズ :約60.2 * 55 * 17.9mm
重量 84g
CPU MTK 6739 Quoad Core 1.25GHz
RAM 3GB
ストレージ 32GB
カメラ 2.0MPフロントカメラ+ + 8.0MP サイドカメラ
対応バンド FDD-LTE:B1(2100)、B2(1900)、B3(1800)、B5(850)、B7(2600)、B8(900)、B12(700)、B17(700)、B20(800)
TDD-LTEB38(2600MHz)、B39(1900)、B40(2300)、B41(2500)
TD-SCDMA:B34 + B39;
WCDMA850 / 2100/1900
GSM 850/900/1800/1900
防水性能 IP67防水
バッテリー 1260mAh
youtubeなどアプリ系を使用しなければ5日くらい使用できました
SIM nano SIM対応

4G回線の各キャリアの対応バンド表です。購入するスマートウォッチが自分の契約しているキャリアのbandに対応しているか確認して購入してください。

  ドコモ AU ソフトバンク
ワイモバイル
Band1
Band3
Band8
Band11
Band18
Band19
Band21
Band26
Band28
Band41
Band42

スマートウォッチ AllCall Awatch GT セット内容

  • スマートウォッチ本体
  • 充電ケーブル
  • 充電スタンド
  • ドライバー
  • SIMカードを入れるふたの予備ネジ
  • 説明書
  • 画面保護シール

セット内容はこのような感じです。

スマートウォッチ AllCall Awatch GT レビュー

wifi接続してネット閲覧ができます

こちらのスマートウォッチはwifi接続をしてネットの情報を検索したり、閲覧することができます。
wifi環境がない場所でも、nano SIMを入れればデータ接続をすることもできます。

Androidアプリをたくさん入れられます

スマートウォッチ AllCall Awatch GT 実機レビュー
基本的にgooglePlyでダウンロードできるものはスマートウォッチに入れることが可能です。
ゲームなどもプレイできるものもあるようですが、途中でフリーズしたりすることも、、、

スマートウォッチ AllCall Awatch GT 実機レビュー
youtubeアプリに関しては特に問題なく利用できる感じでしたね。。
アンドロイドアプリをインストールするには、googleのアカウントを作るか、すでに持っているならそのアカウントでログインする必要があります。

時計単体で電話をすることが可能

スマートウォッチ AllCall Awatch GT 実機レビュー
近くにスマートフォンがない状態でも、スマートウォッチの裏側に「nano SIM」を入れるところがありスマートウォッチ単体でも電話をすることができます。
もう時計の形をしたスマートフォンといった感じです。ネットワークバンドも「B1、B8」に対応しているので、ほとんどのキャリアでOKですね。

ただまだよく確認していませんが、たぶん音声はスピーカーだけだと思うので、外部に話が漏れてしまうのが難点ですね。
よく調べてみて、音声について新しくわかったことがあればブログに追記します。

充電は専用の丸いやつにのっければOK

スマートウォッチ AllCall Awatch GT 実機レビュー
スマートウォッチの充電は専用の丸いやつにのっければOKです。
上の写真にはうつっていませんが、丸やつに「Micro USB2.0 Type-B」を接続して使用します。

時計の文字盤はいろいろな種類から選べます

スマートウォッチ AllCall Awatch GT 実機レビュー
文字盤はいろいろな種類のものから選ぶことが可能です。
とりあえず無難な文字盤を選んでみました。

またネットよりいろいろな種類の文字盤を検索してインストールすることが可能です。

カメラは2種類ついてきます

スマートウォッチ AllCall Awatch GT 実機レビュー
こちらのスマートウォッチにはカメラが前面と横面あわせて2個ついています。
動画と写真の撮影をすることができます。

内部ストレージが32GBあるので、写真や動画をスマートウォッチに保存させることが可能です。
googleドライブに写真や動画を移動することもできます。

また前面カメラはフェイス認証をする役割も持っています。


写真の解像度は「1920 x 2560 px」の縦長の写真で撮影できます。(時計をした状態で写真をとるとどうしても腕が入るので上の画像はトリミングしています)


こちらの画像はトリミングなし。画像サイズは縮小しています。


ちなみに動画ファイルは3gbファイルという珍しい拡張子です。
youtubeには対応しているようで、拡張子を変更しないでアップしても閲覧できま。


こちらはスマートウォッチで実際に録画した動画です。
ちゃんと音声も入るようになっています。

youtubeでレビューしています


youtubeでもレビューしていますので、よかったらご視聴ください。

最後に

nano SIMを入れればスマートウォッチ単体で電話もできるというなかなか魅力的な商品だと思いました。
気になる方はネットショップでチェックしてみてください。