タブレット

2 in 1 タブレットPC「CHUWI Hi10 X」レビュー【3万円以下】


今回は3万円以下で購入できる2 in 1 タブレットPC「CHUWI Hi10 X」をレビューしていきます。

2 in 1 タブレットPC「CHUWI Hi10 X」スペック

OS Windows 10
画面サイズ 10.1 inch
1920*1200
端末サイズ 260mm 180mm 15mm (実寸です。若干誤差があると思います)
重量 590gくらい
SoC Intel Gemini Lake N4100
RAM 6GB
ストレージ 128GB
microSD 128GBまで対応していることは確認済み
カメラ Front is 2.0MP,Rear is 5.0MP
GPU Intel UHD Graphics 600,700MHz
イヤホンジャック あり

2 in 1 タブレットPC「CHUWI Hi10 X」レビュー


まずは開封レビューからしていきます。

「本体+キーボード+スタイラスペン」セットのものを購入しました。
本体のみでも販売されていますが、「CHUWI Hi10 X」を使いたおすにはセットのものを購入した方がよいでしょう。


まずは本体が入っている箱から開封します。


セット内容は「本体と電源アダプタとケーブル」です。


ディスプレイの一番上のシール(スペック表記がされているシート)をはがすと、保護シールがはってありました。
自分の場合、貼るのが苦手で保護シールに空気が入ってしまうので、これはうれしいところ。


こちらは裏側。メタルボディーでいい感じです。
技適マークも入っていますね!(番号の記載はないけど)


とりあえず本体を起動してみます。


言語も日本語に対応しています。

初期設定は画面に表示される指示に従って進んでいけばOKです。
日本語で表示されるので英語が苦手な方でも特に問題なく設定できると思います。

「CHUWI Hi10 X」キーボードと接続


こちらは本体のキーボード接続部分。
強力なマグネット式になっていて、くぼみ部分に、


キーボード側のでっぱっている部分がガチっとはまるようになっています。

キーボードの取り付け、取り外しは電源の入っている状態でも行うことができます。


タブレットをキーボードにドッキングすると、上のような「タブレットモードを終了しますか」の表示がでます。


電源の入っている状態でも、キーボードからタブレットを取り外すと「タブレットモードに切り替えますか?」の表示が出てかんたんに切り替えることができます。

「CHUWI Hi10 X」タッチペン


「CHUWI Hi10 X」タッチペンが非常に使いやすいです。
絵の才能がない私ですが、ドラえもんを描いてみました。

指でなぞって書くのとは別物です!かなり描きやすいです。


文字もかなり描きやすく、かなりいい感じでかけます。

「CHUWI Hi10 X」キーボード配列


こちらは「CHUWI Hi10 X」のキーボード配列です。
普段Macboook Air をメインに使っているのですがそこまで違和感なく使用できます。

若干キーの位置間隔がせまいため打ちづらさはありましたが、そこまで問題はないレベルでした。

キーボードは最新のノートパソコンと比較すると少し厚みがあり、押した間隔はそこそこあるタイプです。

2 in 1 タブレットPC「CHUWI Hi10 X」ポート

入力ポートがたくさんあるのもこのタブレットPCの特徴です。

  • ヘッドホンジャック × 1
  • タイプC × 2
  • USB2.0 × 2(両サイドに1個ずつあり)
  • マイクロHD
  • マイクロSDカード差し込み口

タブレット側に「USB Type-C × 2」「microHDMI」があり、キーボード側にはUSB2.0も差し込める構成になっています。
このポートがたくさんあるというのはかなりうれしいところです。

「CHUWI Hi10 X」動作について


CPUは「Intel Gemini Lake N4100」と、低価格帯のPCに搭載されているものですが、メモリが6GBもあるので、インターネットの閲覧や、動画の視聴程度なら問題なく動作します。

持ち運びをして、外出先で資料作成、インターネット閲覧など、ライトな作業で活躍してくれるでしょう。

ちなみに動画編集や、ネットゲームなどには向いていないスペックなので、そこを求める人はもっと高スペックなPCを検討しましょう。


ちなみにタブレットタイプで使用するときは縦型にすると、ニュースサイトやネット閲覧はかなりみやすいです。

2 in 1 タブレットPC「CHUWI Hi10 X」不満点


不満点をあげるとするならば、「2 in 1 タブレットPC」にはありがちな問題ですが、キーボードをつけた時のモニター角度が最大でもそこまで開かないことです。

自分の場合ラッコスタイルでパソコン操作を行うことが多く、その為もうちょっと角度が開いた方が画面が見やすい場合もあります。


まぁMacbook airと比較してもそこまでは変わらないんですけどね。
上の画像の右が「macbook air」 左が「CHUWI Hi10 X」です。

最後に

3万円以下で、タブレットPC、キーボード、タッチペンがついてきてかなりお買い得感はある「2 in 1 タブレットPC」です。
安いタブレットPCを探している方におすすめしたい商品だと思いました。

日本のAmazonでも購入できますが、ブログ記事執筆時点での価格は海外通販サイトbangggoodが安いです。
興味のあるか方はチェックしてみてください。