ドローン

2019年 ドローンにおすすめのFPVゴーグル10選!ランキング形式で紹介

今までたくさんのFPVゴーグルを使用してきました。
その中から今回は個人的におすすめしたいFPVゴーグルをランキング形式で紹介していきます。

FPVゴーグルは日本のショップでも購入できますが、なるべく安く購入したいなら海外通販サイトbanggoodを利用するのがおすすめです。
日本のショップの7割か8割くらいの価格で購入できます。
paypal決済やコンビニ決済にも対応していますので、クレジットカードの登録をする必要がなく安心して購入できます。

FPVゴーグルを購入するなら是非banggoodをご利用ください。それと下のリンク先からアカウントを新規登録すれば10ドルの金券がもらえますので活用してください。

banggood新規登録で金券ゲット!!

下記のリンクを通してアカウントを新規登録すれば10$(約1100円)分の金券がもらえます。banggoodでのアカウントを持っていない方はこちらから登録してみてください↓↓

海外通販がはじめてで、購入方法がわからない方は下の記事を参考にしてください↓↓

banggoodアカウントの登録から商品の買い方まで徹底解説【バングッド】 今回は海外通販サイト大手の「banggood(バングッド)」のアカウントの登録から、商品の買い方、クーポンの使い方まで徹底解説します...
【スマホ版】banggood(バングッド)クーポンの使い方 購入方法 中華系のネット通販banggood(バングッド)でのクーポンの使い方と購入方法を紹介します。 携帯電話のクーポンコード一覧は下...

5.8Ghz FPVゴーグルの選び方

まずはじめに簡単にFPVゴーグルの選び方を紹介します。

IPDの調整幅

瞳孔間の距離をIPDといいます。ちょうど黒目と黒目の間を点で結んだ距離をいいます。
単眼レンズの場合は、調整する機能はありませんが、2眼レンズの場合人によって黒目と黒目の間の距離が違うため、調整して合わせる必要があります。

この距離が合わないと、ぼやけて見えたり、2重に見えたりしてしまい、ドローンをうまく飛ばすことができません。
メガネ屋さんなどに行けば距離を測定してもらえますが、自宅でもメジャーなどを使い簡単には測定することができます。

機種によって違いはありますが、調整幅は59mm~69mmくらいのものが多いです。
顔が大きかったり極端に目が離れているひとは注意が必要です。

FPVゴーグルは買ったけど、距離が合わなくて使用することができないということもありえます。
まぁ経験上、9割以上の人は調整幅内でOKな場合が多いです。

調整幅内におさまらない人は、ごくまれにいるくらいと思った方がいいでしょう。

2019年 ドローンにおすすめのFPVゴーグル10選!ランキング形式で紹介

ここからは2019年最新版!ドローンにおすすめの5.8Ghz FPVゴーグルを紹介していきます。

1位.FatShark Dominator HDO

IPD瞳孔距離の調整 59〜69mm
内臓録画機能 デジタルビデオレコーダー内蔵(DVR)(HD録画未サポート)
解像度 1024 X 768 (XGA) OLED
画面比率:4:3
OLEDディスプレイ技術を採用したFPVゴーグル
周波数範囲 5362Mhz-5945Mhz 48CH
重量 186g
サイズ 169.2 x 80 x 45.5 mm
バッテリー 18650セルバッテリー(別売り)
※バッテリーを入れるケースは付属品としてついてきます
価格 (banggood)2019年
その他の機能 ・OLEDディスプレイ

予算に余裕があるなら絶対にこれがいちばんおすすめです。
とにかく見やすくて、ボタン操作なども使いやすく、さらにカッコイイ!!
今自分がメインで使用しているのがこれです。

FPVゴーグルには、外部モジュールとアンテナ、そしてバッテリーがついていないので、別売りですべて購入する必要があります。
めんどうですが、予算に余裕があるなら絶対に買って損はないFPVゴーグルだと思います。
ただ値段が高いのでIPDの調整幅だけ気をつけましょう。心配な方はメガネ屋さんで計測してくれるようなので、計測してみましょうね。
自分でもメジャーなどをあてて、ある程度の距離は計測できますよ。

外部モジュール(電波を受信する部分)は以下の3点が人気があります。

RapidFire


「RapidFire」受信感度はいちばんよさそうです。価格は今回の記事で紹介するモジュールの中でいちばん高く16000円くらいします。
お金に余裕があるならおすすめですが、自分はデザインがあまり好きではなかったので違うものにしました。

FuriousFPV True-DX


「FuriousFPV True-DX」
価格は日本円で13000円くらいで最後に紹介する自分が購入した「FuriousFPV True-D」のパワーアップバージョンです。


上の画像のようにOSDで画面左上に受信感度を表示させることができます。受信感度も「FuriousFPV True-D」よりあがっているとのことですが、youtubeで確認したところそこまで違いはわかりませんでしたwww(自分は)。


カラーナインナップは豊富にあります。

FuriousFPV True-D


そして最後は自分が購入した「FuriousFPV True-D」。
購入の決め手は、受信感度も上で紹介した高額なものとそこまで変わらない、デザインが個人的にはいちばんカッコいいと思います。
無難なところを選ぶならこいつでいいと思います。

2位.Skyzone SKY02X/SKY02C

IPO瞳孔距離の調整 59〜69mm
内臓録画機能 あり
解像度 854 × 480 px
対比:427:240
周波数範囲 5362Mhz-5945Mhz 48CH
バッテリー
価格 SKY02X:31000円前後(banggood)2019年8月26日現在
SKY02C:29000円前後(banggood)2019年8月26日現在
その他の機能

画面が見やすいし、かなり使いやすくそして価格も3万円くらいで購入できるおすすめのFPVゴーグルです。
ノイズもそこまで入りづらい印象です。バッテリー以外の付属品は揃っています。

バッテリーも2s〜4sくらいまで使用できるので、普通にドローンで使用しているバッテリを使うこともできます。
画面比率は16:9と4:3の切り替えをすることができます。

このFPVゴーグルを使用するときのおすすめの比率は16:9です。
4:3だと画面が少し小さくてみずらいです。
4:3にこだわるなら1位の「FatShark Dominator HDO」や

それと「Skyzone SKY02X」「Skyzone SKY02C」の違いはフロントカメラがあるかないかの違いです。
価格の違いは2019年8月時点の価格だと、2000円くらいですのでフロントカメラありの「Skyzone SKY02X」の方がおすすめですかね。
でも、あまりフロントカメラって使わないんですけどね。まぁ2000円の違いですので。
ちなみにフロントカメラは視点に切り替えると、ゴーグルを装着したまま、周りを見ることができるのでそのまま歩いたり、ひっくり返った機体を戻したりなどなど、できます。

「Skyzone SKY02X」はこちら↓↓

「Skyzone SKY02C」はこちら↓

3位.Skyzone SKY03O / SKY03S

IPD瞳孔距離の調整 57.5〜69.5mm
FOV (field of view): 35°
内臓録画機能 あり
解像度 SKY03O:1024 X 768(XGA)OLED 対比:4:3
SKY03S:800 X 600(SVGA)対比:4:3
周波数範囲 48CH
重量 SKY03O:231g
SKY03S:233g
サポートマイクロSD 128GB
大きさ 170mm(L) 83mm(W) 44mm(H)
価格 45000円前後(banggood)2019年8月3日現在

使用したことはありませんが、3位は「Skyzone SKY03O / SKY03S」です。
2019年8月に発売されたばかりのFPVゴーグルで「Skyzone」の上位機種になります。
「SKY03O」と「SKY03S」の違いはディスプレイの解像度で
Skyzone SKY03Oの方はOLEDディスプレイを採用して解像度も高くなっています。

価格は5000円も変わらないのでSkyzone SKY03Oの方がおすすめです。

4位.FatShark Attitude V5

IPD瞳孔距離の調整 59〜69mm
FOV (field of view): 30°
内臓録画機能 あり
解像度 640 X 400
対比:4:3
周波数範囲
マイクロSD 32GBまで対応
価格 33000円前後(banggood)2019年6月12日現在

こちらも使用したことのFPVゴーグルですが、youtubeなどの評判もいいしコスパ的にいいFPVゴーグルだと思います。
FatSharkアンテナがついていて、価格は3万円ちょっとです。
自分的にはカラーが緑しかないのがいちいちなポイントですが、おすすめです。

5位.FatShark Scout

IPO瞳孔距離の調整 単眼レンズの為なし
FOV(視野):50度対角線
内臓録画機能 あり
解像度 1136 X 640
比率 71:40
重量 336.5 g
マイクロSD 64ギガバイトまでのMicroSDをサポート
サイズ 170 x 120 x 95 mm
価格 21000円前後(banggood)2019年8月26日現在

単眼レンズでおすすめしたいFPVゴーグル「FatShark Scout」です。
録画が60fpsでできるので、ぶっちゃけこの記事でランキング1位にしている「FatShark Dominator HDO」より画質はいいです。
いまいちなポイントは環境にもよりますが少しノイズが入る印象をうけました。

6位.FPVゴーグル Eachine EV100

瞳孔距離の調整 58〜68mm
内臓録画機能 なし
解像度 720 × 540
周波数範囲 5333Mhz-5945Mhz
バッテリー 7.4V 1000mAh(連続使用時間2時間)
価格 13000円前後(banggood DVRセット)
その他の機能 サイズ:165mm × 76mm × 30mm

録画機能はついていませんが、専用のDVRセットを購入すれば録画をすることもできます。
画面が小さく高いFPVゴーグルと比較してしまうとかなり見えづらい印象ですが、重量が軽く入門用としていはおすすめできます。
自分もFPV飛行を始めた当初使用していたことのあるFPVゴーグルです。

価格は13000円くらいで録画機能も使えるDVRセットが購入できます。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV100」レビュー!初心者におすすめ 今回はFPVゴーグル初心者におすすめのFPVゴーグル「Eachine EV100」をレビューしていきます。 ...

7位.TOPSKY PRIME II

FPVゴーグル「TOPSKY PRIME II」実機レビュー!安くてコスパ良し【ドローン】
IPD瞳孔距離の調整 58〜72mm
内臓録画機能 あり(マイクロSD32GBまで対応)
解像度 480× 320
周波数範囲 48CH
バッテリー 2000mah 7.4v
価格 8700円前後(banggood)

画面の解像度はかなり粗めでしたが、録画ができて9000円くらいで購入できますのでとてもコスパのいい5.8GhzFPVゴーグルです。
ただカラーが赤しかないのでそこが微妙なところです。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

FPVゴーグル「TOPSKY PRIME II」実機レビュー!安くてコスパ良し【ドローン】 今回は「TOPSKY」の PRIME II FPVゴーグルをレビューします。 価格が安くてコスパのいい5.8Ghz FPVゴーグル...

8位.AOMWAY commander V1S

瞳孔距離の調整 59-69mm
FOV:32°
内臓録画機能 あり(マイクロSD32GBまで対応)
解像度 854pxx480px
周波数範囲 64CH
サイズ 230*165*77mm
価格 27000円前後(banggood)2019年8月8日現在

少しノイズの入る印象はうけましたが、画像も綺麗で重量が軽くあたまに負担がかからないので長時間使用していても疲れません。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローン】FPVゴーグル「AOMWAY commander V1S」レビュー 今回は5.8Ghz FPVゴーグル「AOMWAY commander V1S」を紹介していきます。 banggoodで...

9位.Eachine EV800D

IPD瞳孔距離の調整 単眼タイプ
内臓録画機能 あり 720×562
解像度 800×480
画面サイズ:5.0インチ
周波数範囲 5658~5917 40CH
バッテリー 内蔵7.4V /の1200mAhバッテリー
価格 10,000円前後(banggood)
その他の機能 寸法:180 × 145 × 82mm
重量:362g

録画機能付きの単眼FPVゴーグルです。
おすすめポイントはFPVゴーグルを分割することが可能で、5.8Ghz受信の普通のモニターとしても使用できるところです。
ドローンの修理や、VTXの交換するときなどに動作確認用として、自分は使用しています。

10位.Eachine EV200D

瞳孔距離の調整 56-72mm
内臓録画機能 あり
解像度 1280×720
対比:16:9
周波数範囲 5333-5945MHz
バッテリー 7.2V1800mAh(連続使用時間2時間)
価格 32000円前後(banggood)
その他の機能 fatsharkの補正レンズも装着可能

発売から1年以上経過しましたが、今でもそこそこ人気のあるFPVゴーグルです。
おすすめのポイントはIPD(瞳孔距離の調整)が最大72mmまで可能なところと、日本人のような平べったい顔の人にフィットするところです。

まとめ

上位のランキングに入れた機種は「FatShark」「Skyzone」しかありませんが、少しお値段が高いぶん、実際に触ってみた質感もいいし、画面の見易さや、使い勝手は他のメーカーよりいいことは間違いないです。

ドローンレースをするプロのほとんどが「FatShark」か「Skyzone」を使用している理由もそういうところからきているのだと思います。
安いFPVゴーグルを買っても、どっちみち3万円クラスのものが欲しくなるのがオチなので、個人的には最初から3万円クラスの以上のFPVゴーグルを購入することをおすすめします。

この記事が5.8Ghz FPVゴーグルを購入するときの参考になれば幸いです。

FPVゴーグルは日本のショップでも購入できますが、なるべく安く購入したいなら海外通販サイトbanggoodを利用するのがおすすめです。
日本のショップの7割か8割くらいの価格で購入できます。
paypal決済やコンビニ決済にも対応していますので、クレジットカードの登録をする必要がなく安心して購入できます。

FPVゴーグルを購入するなら是非banggoodをご利用ください。それと下のリンク先からアカウントを新規登録すれば10ドルの金券がもらえますので活用してください。

banggood新規登録で金券ゲット!!

下記のリンクを通してアカウントを新規登録すれば10$(約1100円)分の金券がもらえます。banggoodでのアカウントを持っていない方はこちらから登録してみてください↓↓

海外通販がはじめてで、購入方法がわからない方は下の記事を参考にしてください↓↓

banggoodアカウントの登録から商品の買い方まで徹底解説【バングッド】 今回は海外通販サイト大手の「banggood(バングッド)」のアカウントの登録から、商品の買い方、クーポンの使い方まで徹底解説します...
【スマホ版】banggood(バングッド)クーポンの使い方 購入方法 中華系のネット通販banggood(バングッド)でのクーポンの使い方と購入方法を紹介します。 携帯電話のクーポンコード一覧は下...