ドローン機体本体

GEPRC CineKing 95mm レビュー!4kカメラ搭載ドローン

GEPRC CineKing 95mm レビュー!4kカメラ搭載ドローン
今回は「GEPRC CineKing 95mm」をレビューしていきます。
RunCam Hybrid 4Kカメラを搭載したドローンです。

GEPRC CineKing 95mm スペック

GEPRC CineKing 95mm レビュー!4kカメラ搭載ドローン
カメラ RunCam Hybrid 4K
:4K @ 30fps / 2.7K@60fps / 2.7K@50fps / 1080P @ 120fps / 1080P @ 100fps / 1080P @ 60fps / 1080P @ 50fps
重量 99g
フレーム GEP-CK2
2インチ
FC STABLE F411フライトコントローラー(16×16mm)
ファームウェア:MATEKF411
ESC STABLE F411 BLheli_S 4IN1 12A ESC(16×16mm)
MCU:BB21F16G
連続電流:12A
入力電圧:2-4S LIPO
ESCプロトコル:pwm、oneshot125、マルチショット、dshot150、300、600など
VTX STABLE F411 VTX 5.8G 200mW(16×16mm)
電源:PIT / 25/100 / 200mW
モーター GR1105 5000KV
レシーバー Frsky XM+/Frsky R-XSR // TBS Nano SE / FlySky
推奨バッテリー 3-4S 450-550mAhバッテリー
価格 28000円〜

GEPRC CineKing 95mm レビュー!4kカメラ搭載ドローン

GEPRC CineKing 95mm レビュー!4kカメラ搭載ドローン
まずは開封レビューからしていきましょう。
箱をあけるとこんな感じでシュリンクされていました。

GEPRC CineKing 95mm セット内容

GEPRC CineKing 95mm レビュー!4kカメラ搭載ドローン
付属品はこんな感じ。
予備のプロペラ、バッテリーストラップ、カメラ設定用ドングルが付属されています。


メモリーカードの差込口はダクトより上にくるようになっているので、カードの出し入れがやりやすく、ちゃんと考えられた設計になっています。

GEPRC CineKing 95mm レビュー!4kカメラ搭載ドローン
FCの差込具はダクトの隙間から入れるような感じです。

2インチ〜3インチのダクト付きのフレームの場合、FCの差込口やDVR基盤がある場合メモリーカードの差込口が入れづらかったりするというのがよくあるんですけど、この機体はちゃんとそこも考えられて設計されている感じです。

カメラ角度

GEPRC CineKing 95mm レビュー!4kカメラ搭載ドローン
カメラ角度はそこまであげられません。
フレームにあたってしまうので。

GEPRC CineKing 95mm ベーターフライトの設定


ファームウエアは4.1.1と新しいものが入っていたので、とりあえずこれで飛ばしてみようと思い、特にアップデートはしませんでした(たぶん新しいバージョンあります)。


自分が変更したのは、アーム後にプロペラが回転するのがいやなので、回転をしなうようにチェックを入れたのと、


常時エアモードになる設定だったので、そこのチェックをはずし、

あとはスイッチの設定をしたくらいです。

VTXテーブル


ちゃんとVTXテーブルも入っているし、ロックもかかっていなかったので、IRC TRANPもすぐに利用できます。

OSDの設定


OSDの設定はお好みで。

GEPRC CineKing 95mm VTXの交換

GEPRC CineKing 95mm VTXの交換
「GEPRC CineKing 95mm」のVTXピンタイプでFCと接続するため、VTXの交換はできないと思われがちですが、FCに「VIDEO OUT」がありますのでVTXを別のものに交換することも可能です。

GEPRC CineKing 95mm VTXの交換
5Vの電源とアースも「VIDEO OUT」の近くにあるのでそこから電源をとるといいと思います。

GEPRC CineKing 95mm VTXの交換
ちょっとわかりずらいですが、このように配線すればOKです。

GEPRC CineKing 95mm VTXの交換
ただし、ビデオコントロールの配線をはんだできるところがないので、「スマートオーディオ 」や「IRC TRANP」は利用できないのがちょっと、、、、ですね。


自分は挑戦していませんが、上の画像のようにピンタイプの部分の回路図もありますので、ピンコネクタをハンダではずす。
またはピンコネクタをつくって差し込めば「スマートオーディオ 」や「IRC TRANP」は使えるかもしれません。

VTXの交換は、VTXのテーブルを別のものに読み込みする必要があったりするので、ベーターフライトの知識がない方はやめておいた方が無難です。

フライト動画

GEPRC CineKing 95mm レビュー!4kカメラ搭載ドローン
3s650mAhのバッテリーで飛ばしてきました。
推奨バッテリーは3-4S 450-550mAhバッテリーとのことで、ちょっと容量は大きくなってしまいましたが、バッテリーの重さは感じなく軽々飛んでくれました。

フライト時間は5分くらいいけると思います。
途中で集中力がもたなくなってしまい、着陸してしまいましたが、、、、

次回は4sで飛ばしてみたいと思います。

最後に

飛ばしていて楽しいって感じのドローンではありませんが、綺麗な映像を撮影するには、ちょうど良いサイズのドローンだと思います。
手軽に綺麗な空撮をしたい人におすすめしたいドローンです。