スマートウォッチ

コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー

コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー
今回は最近発売されたばかりのスマートウォッチ 「Kospet Optimus Pro」をレビューしていきます。
もう機能的には時計の形をしたスマートフォンのようです。

スマートウォッチ Kospet Optimus Pro スペック

OS Android 7.1.1 + Lite OS system
ディスプレイ 454 × 454
端末サイズ 文字盤:直径4.9mmくらい
重量 85g
SoC MTK6739 1.25GHz Tasu NRF52840
RAM 3GB
ストレージ 32GB
microSD なし
カメラ あり
対応バンド Network type: GSM + WCDMA + FDD – LTE + TDD – LTE
Frequency:
2G GSM: 850/900/1800/1900
3G WCDMA: 850/1900/2100
TD-SCDMA: B34 + B39
4G LTE-FDD: B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B20
LTE-TDD: B38 / B39 / B40 / B41

WiFi: support
SIM card: Nano SIM
position system: support GPS / GLONASS

防水性能 IP67

スマートウォッチ Kospet Optimus Pro 特徴・レビュー

写真や動画の撮影ができる

コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー

コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー
上の画像はトリミングしてしまったのものですが、写真サイズは「466×621」の縦長のサイズで撮影できます。
一眼レフで撮ったような背景が少しぼける感じで撮影できますね。
狙いか、それとも、そうなったのか??よくわかりませんが、色合いなども綺麗です。

ちなみに動画の撮影もできるので、あとでyoutubeにでもアップしようと思います。

写真の取り出し方法はいろいろあるのかもしれませんが、自分はgoogle playから「googleフォト」のアプリをスマートウォッチにインストールしてそこからアップロードしてパソコンに取り入れました。
たぶんそれ以外にも方法はあると思います。


ちなみにカメラのレンズは、スマートウォッチの横についています。慣れるまで撮影が難しいです。

画素数でいうと800万画素のようです。

google playのアプリがインストールできます

コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー
スマートウォッチ「Kospet Optimus Pro」はスマートフォンなどに使用しているAndroidOSが入っているのでgoogle playのアプリをインストールすることができます。パズドラなどのゲームをインストールしてみましたが、最初のうちは作動していましたが、途中でフリーズしてしまい使用することができませんでした。

今のところ問題なく使用できているのが、

  • youtube
  • googleフォト

です。今後いろいろアプリを入れてみて検証してみようと思います。
ただ丸型の形状のスマートウォッチですので、どうしても角の部分が隠れてしまい、youtubeの動画も角の部分が見えません(笑)
自宅のwifi環境で接続してyoutubeを見たところ、特にフリーズなどもなくサクサク動画を閲覧することができました。

googleフォトに関しては写真をパソコンに取り込む意味も込めてかなり使えるアプリだと思いました

kospet optimus pro 文字盤

コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー
文字盤をいろいろ選ぶことができます。

コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー


コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー
これはなんのキャラなんでしょうね。よくわかりませんが商品販売ページではこの文字盤で商品紹介をしていたので、いちおしなのかもしれません。文字盤はネットからダウンロードすることができますので、いろいろ今後もアップデートされるごとに増えていくのだと思います。

保護シールの貼り方がへたくそすぎて、時の縁に空気が入ってしまいました。残念

Kospet Optimus Pro iPhone

Kospet Optimus ProのOSはAndroidになりますが、もちろん「iPhone」での使用も可能です。

スマホに入れているアプリの通知を受け取ることができます

こちらのスマートウォッチは普通のスマホ用のAndroid OSがインストールされているので、google playのアプリをインストールすることができるほか、スマホに入れているアプリの通知を受け取ることが可能です。
Facebook、ツイッター、LINEなど。

インターネット接続して、普通にネットを見ることができます

ブラウザアプリが入っているので、普通にインターネット接続してサイトなどを閲覧することができます。
ただ欠点としては、検索するにしても画面が小さいため、文字を入力するのが大変なところです。
文字も小さいため老眼の人はには厳しいかもしれません。

nano simに対応しています

コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー
こちらのスマートウォッチはnano SIMカード対応です。

コスパ最強スマートウォッチ Kospet Optimus Pro レビュー
裏側のネジを1本とれば、nano simを装着するスペースがあります。
電話の項目もありましたので、もうほとんど時計の形をしたスマートフォンとも言えます。

nano simがあれば、どのような感じで使用できるのか試してみたかったのですが、自分は持っていないのでそこは断念しました。

youtubeでもレビューしています


youtubeでもレビューしています。合わせてご視聴ください。

それとできましたらyoutubeのチャンネル登録お願いします。
動画更新のモチベーションにつながります↓↓

youtubeもやっています。チャンネル登録お願いします。

まとめ

コスパを考えれば「Kospet Optimus Pro」は最強のスマートウォッチだと思いました。
アップルウォッチとかもいいんですけど、値段が高いですからね。

こちらのスマートウォッチ「Kospet Optimus Pro」は海外通販サイトbanggoodで18000円くらいで購入可能です。
気になる方はチェックしてみてください↓↓

格安SIMが契約できるおすすめの会社

SIMカードが使えるスマートウォッチで、通話やデーター通信をしたいなら格安SIMを契約するのがおすすめです。
以下、おすすめの格安SIM会社を紹介します。

【Y!mobile】ワイモバイル


自分も契約している格安SIMです。
5分以内の通話だったら、何度使用してもOK。
データー通信量を3GB以内に収めれば3000円以下で使用できます。
今ならキャンペーンで半年は2000円以内で使用可能。
ネットからの申し込みなら事務手数料が0円ですので、お得です。
利用回線はソフトバンクです。

公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル


データだけのSIMなら月額900円から使用可能。
通話も入れても1600円からのプランがあるのでかなり安いSIM会社です。
利用回線はタイプA(au 4G LTE回線)、タイプD(NTTドコモ回線)から選ぶことが可能です

公式サイトはこちら

LINEモバイル


最大2ヶ月分0円キャンペーン実施中。
音声通話SIMは1100円〜。
安いプランもあるのが特徴です。

500MB 月額1,100円
3GB 月額1,480円
6GB 月額2,200円
12GB 月額3,200円

公式サイトはこちら