ドローン

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン レビュー

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン レビュー
今回は「Makerfire Armor 65 Lite」をレビューしていきます。
送信機は技適マークつき、本体合わせて5500円くらいで購入できるコスパのいいマイクロドローンです

Makerfire Armor 65 Lite ドローン スペック

カメラ 25mW/120° wide angle /800TVL
重量 24.5g (without Battery)
モーター 0716, 17600KV (65000rpm@3.7V)
レシーバー Bayang protocol を使って、別の送信機とバインド可能
価格 5500円(送信機セット)

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 開封レビュー


箱をあけるとこんな感じで収納されています。
送信機もミニサイズです。


セット内容はこんな感じ。

  • 1x Armor 65 Lite
  • 1x Radio with Bayang Protocol
  • 1x 300mAh 1s HV LiPo Battery
  • 1x One-way HV Charger
  • 4x Propellers
  • 1x Propeller Tool
  • 2x Radio Sticks

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン レビュー
そうそう、こちらのマイクロドローンの良いところは、なんと送信機の技適を通してくれたところ。
前から「Makerfire Armor 65 Lite」の販売はされていたのですが、送信機の技適はなかったので、日本で飛ばす場合はジャンパーのt8sgプラスでバインドして飛ばしてたり、そんな感じだったと思うのですが、去年の12月についに技適取得されたんですよね〜
Makerfireさんに感謝です。

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 機体の外観

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン レビュー
機体の外観はこんな感じで、オレンジのキャノピーがなかなか可愛らしいです。

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン レビュー
機体の裏側はこんな感じ。

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン レビュー
送信機もミニサイズですね。

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン レビュー
ちなみに送信機は単4電池3本で動くようになっています。

送信機とのバインド

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン レビュー
送信機とのバインドはめっちゃ簡単です。

ドローンにバッテリーを装着して電源ONにして、少し待つとLEDが素早く点滅するので、あとは送信機の電源を入れればバインドOKです。

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン レビュー
ちなみに送信機の上部の左側が「ARM」「右側がモードの変更」になっています。

ARM:電源ON/OFFみたいなもの。ONにするとプロペラが回り始めます。
モードの変更:こちらのドローンはアクロモードとアングルモードの選択をすることができます。

モードの違い

アングルモードは、送信機の舵をを切った後、キーをニュートラルの状態にすれば、ドローンは自動で水平になろうとします。アクロモードは、キーをニュートラルにしても自動で機体は水平になりません。水平にしたいなら自分でキーを操作して戻す必用があります。
アングルモードはドローンがつねに水平になろうとしてくれるため、室内など狭い場所でも操縦しやすいです。
アクロモードのメリットは舵を切りつづければ、フリップなどの宙返りをすることができます。
アングルモードはフリップなどの宙返りはできません。

Makerfire Armor 65 Lite マイクロドローン 飛ばした感想・レビュー


かなりキビキビ飛んでいい感じです。
アクロモードで飛ばせばフリップなどもできますので、練習用の機体としても優秀です。

風速3mくらいある日に飛ばしたのですが、それでもなんとか飛ばすことができました。

ガクガク機体が揺れてしまいましたが、、、、(笑)

最後に

価格が5500円くらいで購入できてコスパがよく、本格的なマイクロドローン始める前の練習用としておすすめできる商品です。
気になる方はMakerfireオンラインストアでチェックしてみてください。