ドローン

【新モデルMavic Airが登場】Mavic Proと徹底比較! 前作との違いとは?マビックレビュー

【新モデルMavic Airが登場】Mavic Proと徹底比較! 前作との違いとは?マビックレビュー
ついに「Mavic Pro」の後継機、「Mavic Air」の発売が決定しました!!
「Mavic Pro」の良い点をのこしつつ、コンパクト設計されているドローンとのこと。

今回の記事では「Mavic Air」と「Mavic Pro」を徹底比較したいと思います。

おすすめのドローンは下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓

2019年 おすすめのドローンランキング50選【200g未満と200g以上 重量でわけて紹介】今回は個人的におすすめしたいドローンをランキング形式で紹介していきます。 重量が200g未満のドローンと200g以上のドローンでわけて...

スペックの比較

Mavic Air Mavic Pro
価格 104000円〜 129000円〜
最長飛行時間 21分 27分
動画サイズ 4K
FHD:1920×1080 120p
4K
FHD: 1920×1080 96p
写真解像度 1200万画素 1235万画素
重量 430g 734g
大きさ 折りたたみ時:168mm×83mm×49mm
広げた時:168mm×184mm×64mm
時速 68.4 km/h (Sモード) 64.8 km/h (Sモード)
伝送距離 4km(日本では2km) 4Km(日本では2Km)
対角寸法 213 mm 335mm
内部ストレージ 8GB なし
ジンバル 3軸 3軸
最大ビデオビットレート 100 Mbps 60 Mbps

軽量だけど、飛行時間は短縮

スペックを比較して感じた大きな違いは、大きさ、重量、最長飛行時間。

「Mavic Air」の最大飛行時間は21分と「Mavic Pro」比べて6分みじかくなり、重量とサイズは「Mavic Pro3分の2以下になっています。
飛行時間が短縮されたのは残念ですが、持ち運びは「Mavic Pro」よりさらに楽になりました!

8GBのメモリーが内蔵

「Mavic Air」は8GBのメモリーを備えているので、microSDカードを用意しないでも動画や静止画を記録できます。
万が一microSDカードを忘れてしまった場合などでも録画ができるのはとても便利だと思いました。

それと追加の機能として、静止画を貼り合わせてパノラマ写真を作成するなどソフトウェアにもいくつかのアップデートが行ったそうです。

クイックショット

「Mavic Pro」にはなかった「クイックショット」が「Mavic Air」にはついています。
しかも全部で6種類。DJIドローンSPARKが4種類だったので、そこからさらにパワーアップしてるとも言えますね。

ちなみにクイックショットは、ロケット/ドローニー/サークル/ヘリックス(螺旋)/アステロイド(小惑星)/ブーメランの6種類です。


SPARKになりますが、クイックショットの動画はこちら↑↑

Mavic Air PR動画


こちらは「Mavic Air」の公式動画。


こちらは海外のレビュー動画。

Mavic Air 外観

【新モデルMavic Airが登場】Mavic Proと徹底比較! 前作との違いとは?マビックレビュー 【新モデルMavic Airが登場】Mavic Proと徹底比較! 前作との違いとは?マビックレビュー

【新モデルMavic Airが登場】Mavic Proと徹底比較! 前作との違いとは?マビックレビュー
カラーは全部で3種類。形はMavic ProよりSPARKと似ているような気がします。


ただし、SPARKは折りたたみできませんので、その点はMavic Proの形状を引き継いでいるのかもしれません。ちなみにビジョンセンサーは「前方・後方・下方」についています。


「Mavic Pro」にはモニターがついていましたが、「Mavic Air」の送信機はモニターがついていません。
タブレットや、スマホなどで全てのステータスは確認できると思うので、特に問題はないと思います。

気になる点

「Mavic Air」はとても素晴らしいドローンだと個人的には思いましたが、ひとつ気になるところは重量です。
軽いので持ち運びは楽だと思いますが、風には弱くなると思います。

Fantomシリーズより軽量な「Mavic Pro」ですが、風にはめっぽう強い印象でした。
下の記事でも書きましたが、風速5mくらいある強風でもなんとかホバリングできる性能があります。

ドローン MavicPro 風速5m近くあるときのホバリング性能

それと「Mavic Pro」は風の影響や、障害物に軽く触れて体勢を崩した場合でも、立て直せるバランス性能もありました。

とりあえず、「Mavic Air」は重量が40%ぐらい減っているので、風が強い日は「Mavic Pro」などと比べてよりいっそう注意が必要だと思います。

まとめ

「飛行時間が短縮され21分になったこと、それと重量が軽くなり風には弱くなったこと、」
この2点が気にならないのであれば「Mavic Air」はかなりおすすめできるドローンだと思います。

DJIオンラインストアではすでに予約が始まっています。気になる方は購入してみては!!↓↓
DJIオンラインストア

楽天、アマゾン、yahooショッピングで探すならこちらから↓↓