スマートフォン

【OnePlus 6 レビュー】スペック特徴を紹介!クーポン付き


今回は大人気の格安スマホ「OnePlus 6」を紹介してます。

ガジェットマン
ガジェットマン
今回配布しているクーポンは256GBモデルのものです。

64GBモデルで5万円くらいです↓↓

banggoodで見てみる

海外通販サイトで販売している、スマホ、タブレット、ブルートゥースを使用する機器については技適マークがついていない商品がほとんどです。日本で使用する場合は自己責任で使用してください。日本のネットショップでも技適マークのついていない商品もたくさん販売されていますのでその点もご注意ください。

OnePlus 6 クーポン

OnePlus 6 8GB RAM 256GB Smartphone 10% OFF
クーポンコード:4ada28
クーポン割引額:10 % OFF
クーポン期限:2019-03-31

いきなりですがクーポンコードの紹介から。
クーポンコードをコピーして画像をクリックすれば「banggood」の商品ページに移行します。

OnePlus 6 スペック

画面サイズ 6.28 inch解像度2280 x 1080 (19:9)
端末サイズ 155.7 x 75.4 x 7.75 mm
重量 177 g
SoC Snapdragon 845
RAM 6 / 8 GB64 / 128 / 256 GB (UFS 2.1)
ストレージ 64 / 128 / 256 GB (UFS 2.1)
microSD 非対応
前面カメラ 16 MP
背面カメラ 16 MP (メイン)
20 MP (サブ)
バッテリー 3300 mAh
W-CDMA 1/2/4/5/8/9/19
LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/
20/25/26/28/29/30/32/66/71
34/38/39/40/41
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
イヤホンジャック あり

OnePlus 6 セット内容

  • OnePlus 6本体
  • ケーブル (独自急速充電対応、USB 2.0、Standard-A to Type-C)
  • ACアダプタ (独自急速充電対応、USB Standard-A)
  • ケース (TPU)
  • SIMトレー用ピン
  • ステッカー

OnePlus 6 の特徴

こちらのスマホは発売が2018年の5月に発売され今でも人気のある機種になっています。

6.28インチフルHD+ディスプレイを搭載していて画質も良いAndroidスマートフォンです。
厚さは7.8mm、重さは177gと軽量でnapdragon 845搭載の高スペックなところから、コスパが良い最強スマートフォンでもあります。

デュアルカメラを搭載


背面にはソニー製の最新CMOSデュアルカメラを搭載しており、AIによって美しいぼかし加工をすることも可能です。
有機ELディスプレイはノッチ付きで、本体全体に液晶が広がっています。

OnePlus 6 防水性能は?


防水性能はIP認証はありませんが、シャワー程度に対する防水性能はあるスマートフォンです。

OnePlus 6 ネットでのレビューや評価

  • 自分の使う用途だと1日中フルに使える電池もちでした。
  • カメラが綺麗にとれます。
  • 動作がややおもく感じられるところがありました。まぁハイエンド機種と比べているので仕方ないことか
    しれませんが。
  • 急速充電が独自規格なのがイマイチ。それとHDR非対応なところがなぁ〜
  • マイクロSDが非対応なところがいまいちですかね。まぁ知ってて購入してますけど。
    ですのでストレージは大きいものを選んだ方がいいです。
  • シングルスピーカーなので音質はまぁそれなりです。
  • 無駄なアプリが入っていないことにびっくり。そしてうれしい
  • iphoneと比べても、動作はサクサク動いてくれると感じました。iphoneの半額でこれはうれしい
  • Antutuベンチマーク で 295000点アップがでました。サクサク動くので最高。コスパはかなりいいと思います。
  • 2年間はバージョンアップ保証がついているのでうれしいです。

oneplus 6 技適マークは?

残念ながらoneplus 6は日本モデルの技適マーク付きで販売はされていません。

まとめ

oneplus 6はコスパのいいスマートフォンで、日本のいろいろな電波に対応しているため使いやすスマートフォンだと言えます。
ただ技適マークは取得できていませんけどね。

64GBモデルで5万円くらいです↓↓

banggoodで見てみる

海外通販サイトで販売している、スマホ、タブレット、ブルートゥースを使用する機器については技適マークがついていない商品がほとんどです。日本で使用する場合は自己責任で使用してください。日本のネットショップでも技適マークのついていない商品もたくさん販売されていますのでその点もご注意ください。