ドローン

【SMARTAUDIO】送信機でドローンの周波数を変える方法


今まで周波数を変更するときはVTXについているボタンを押して変えていたのですが、「SMARTAUDIO」という機能がついているドローンなら送信機で周波数を変えることができるんですね。最近知った(笑)

ということで、今回は送信機を使ってドローンの周波数を変える方法を紹介します。

今回周波数変更に使用したマイクロドローンは「iFlight CineBee 75HD」です。
詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

200g未満マイクロドローン iFlight CineBee 75HD レビュー 今回はFHDで撮影ができるマイクロドローン「iFlight CineBee 75HD」を紹介します。 こちらのドローンは5...

使用している送信機は「Jumper T8SG V2.0 Plus」です。
詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

【おすすめの送信機】Jumper T8SG V2.0 Plus レビュー マイクロドローンの送信機で迷っているならとりあえずこれを買っておけばいいっていう「Jumper T8SG V2.0 Plus 」を紹...

【SMARTAUDIO】送信機でドローンの周波数を変える方法

SMARTAUDIOとは「VTXの音声信号の配線を、VTXを遠隔操作する信号線として流用した技術」らしいのですが、正直よく意味がわかりませ〜ん。ですが、この技術ができたことによりドローンレースをする人にとってはかなり便利になったようですね。
ドローンレースともなると頻繁に周波数の変更が行われますので。

自分は特にドローンレースなどはしないので、そこまで必要ないともいえますが、かなりあると便利です。
理由はVTXのスイッチってBNFのドローンを分解しないと押せないことがよくあるから。

分解しないでも直接VTXのスイッチを押せるドローンならいいのですが、おせないマイクロドローンが多いんですよね。

送信機とドローンをバインド


まずは送信機とドローンをバインドします。

次に送信機の左スティックを左に、右スティックを上に同時に押します。


上のような画面になりますので、送信機の右スティック上下で「FEATURES」に合わせて右スティックを右に倒します。


次に「VTX TX」にカーソルを合わせて右スティックを右に倒します。


次の画面で「BAND」を変えたいならカーソルを合わせて右スティックを右に倒します。同じく「CHAN」とありますので、変えたいなら右スティックを右に倒します。


合わせたい周波数になったら「SET」のところで右スティックを右に倒します。


次の画面で「YES」を選択すれば、画面が変わり周波数も変更されます。


あとは最後に「EXIT」で終了です。

最後に

SMARTAUDIOはめっちゃ便利な機能ですので、ぜひ利用して見てください。

今回周波数変更に使用したマイクロドローンは「iFlight CineBee 75HD」です。
詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

200g未満マイクロドローン iFlight CineBee 75HD レビュー 今回はFHDで撮影ができるマイクロドローン「iFlight CineBee 75HD」を紹介します。 こちらのドローンは5...